BS-TBS版 大正野球娘。 第01話「男子がすなるという、あれ」

大正野球娘。 第01話「男子がすなるという、あれ」

© 神楽坂淳/徳間書店・東邦星華桜花会

TBSから3週遅れで放送されたアニメ「大正野球娘。」
いつも通り、TBSでサイドカットの4:3、BS-TBSで16:9という放送体型でした。

大正野球娘。 第01話「男子がすなるという、あれ」

© 神楽坂淳/徳間書店・東邦星華桜花会

こちらがTBS版のタイトル。BS-TBS版の左右を切り落としたわけではなく、縦横比を無視して無理矢理縮めていたようです。並べてみると、確かに背景のボールが正円ではなくなっていますね。

大正野球娘。 第01話「男子がすなるという、あれ」

© 神楽坂淳/徳間書店・東邦星華桜花会

提供クレジットはBS-TBS版 けいおん!と同様、今回もなし。

大正野球娘。 第01話「男子がすなるという、あれ」

© 神楽坂淳/徳間書店・東邦星華桜花会

Aパート冒頭の小梅のアップシーン、TBS版。

大正野球娘。 第01話「男子がすなるという、あれ」

© 神楽坂淳/徳間書店・東邦星華桜花会

BS-TBS版。このカットは単純にサイドカットのようです。

大正野球娘。 第01話「男子がすなるという、あれ」

BS-TBSでつきものの、クロスカラーとドット妨害は今回も健在ながら、CLANNADやけいおん!ほどではありませんでした。画像は文字周りに確認できるクロスカラーの拡大図。

BS-TBSのこの時間帯のアニメを録画・検証するのは「ToLOVEる[1]」「ひだまりスケッチ×365[2]」「CLANNAD~AFTER STORY~[3]」「けいおん![4]」に続き今回が5作目になりますが、画質的にはこれまでで一番「劣化が少ない」と思います。この5本はいずれもアプコンを通しています。BS-TBSの深夜アニメはいつHD放送に切り替わるんでしょうねぇ。

商品画像

  1. アニメーション制作: XEBEC [back]
  2. アニメーション制作: シャフト [back]
  3. アニメーション制作: 京都アニメーション [back]
  4. アニメーション制作: 京都アニメーション [back]
スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!