Firefox用アドオン「Microsoft .NET Framework Assistant」がアドオンマネージャから削除可能に

Firefox アドオン

.NET Framework 3.5 Service Pack 1を導入すると一緒に(勝手に)インストールされるFirefox用アドオン「Microsoft .NET Framework Assistant」ですが、Microsoftはこのアドオンに対するアップデータUpdate to .NET Framework 3.5 SP1 for the .NET Framework Assistant 1.0 for Firefoxを公開しました。

アップデートを適用すると、ユーザー毎にこのアドオンがインストールされるようになるため、従来は削除ボタンがグレーアウトしていたアドオンマネージャからの削除が可能になります。自己責任を伴うレジストリ編集が不要になるので、すこし敷居は下がったかもしれません。

私はレジストリをいじって削除してしまいましたので、このアップデートでユーザーエージェントの書き換え問題も修復されるかは不明です。

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!