Mac OS X 10.5.7アップデート配信開始、VMware Fusionユーザーは注意

ソフトウェア・アップデート

出る出ると言われていたものの、なかなか配信されなかったMac OS X Leopardの最新アップデータ「10.5.7統合アップデート」が配信になりました。容量は737MBとなっています。Mac OS X 10.5.7 Update についてによると、今回のアップデート内容は次の通り。

一般情報

  • 最新のセキュリティ修正 が含まれています。
  • 一部の他社製カメラの RAW イメージサポートが追加されました。
  • NVIDIA グラフィック付きの最新の Mac では、ビデオの再生機能やカーソルの動作が向上しています。
  • Mac OS X 10.5.6 における、DVORAK キーボード配列の問題が解決されました。
  • 単位換算、株価、天気、ムービーダッシュボードウィジェットの信頼性と正確性が向上しています。
  • Gmail へのログイン時に生じる問題に対処しています。
  • Yahoo! へのコンタクトを同期させる際の信頼性が向上しています。
  • これで Mac Pro 向けの拡張スロットユーティリティから、正しい PCIe スロット設定が報告されます。
  • フロー制御対応 Ethernet スイッチに接続中のネットワークパフォーマンスが向上しています。
  • Mac OS X Server v10.4 がホストしているネットワークホームディレクトリの安定性が向上しています。
  • Mac OS X サーバ v10.4、Time Capsule、および他社製 AFP サーバなどで Spotlight 検索をサポートしていないネットワークボリュームの Finder 検索結果が向上しています。
  • ディレクトリサービスおよびクライアント管理のいくつかの機能が向上しています。詳細は、「Mac OS X Server 10.5.7 Update について」こちらの記事を参照してください。

iCal

  • CalDav により、システム全体の信頼性が向上しています。
  • MobileMe との同期を自動的に行う際の信頼性が向上しています。

Mail

  • 信頼性および Notes を使用した同期の問題に対処します。
  • 送信済メールボックスからメッセージをリダイレクトする際、BCC フィールドが正しく生成されない場合の問題に対処します。

ペアレンタルコントロール

  • ペアレンタルコントロールおよびアプリケーション制限との一貫性が向上しています。
  • フルスクリーンゲームおよびファストユーザスイッチで、時間制限が正しく機能しない問題に対処します。

プリント

  • 他社製プリンタが、誤った紙トレーへ出力してしまう問題が解決されました。
  • ペアレンタルコントロールを有効にして「プリンタの管理を許可」を選択すると、非管理者ユーザアカウントからのプリンタの追加/削除ができます。
  • その他の印刷機能の信頼性、安定性が向上しています。

「Mac OS X Leopard を使用している全てのユーザーにお勧めします。」となっていますが、VMware Communitiesによると、10.5.7に含まれるATIドライバをインストール後、VMware Fusionの3Dアクセラレーション機能を有効にしていると、速度が低下したりアプリケーションがクラッシュする恐れがあるとのこと。
ATI製ビデオカードを搭載したMacでVMware Fusionを利用している方は、ドライバの修正を待った方が良いかもしれません。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!