iPod touch Softwareを2.2.1にアップデート

iPod touch用のソフトウェアが2.2.1がリリースされて3ヶ月近く経ちますが、今までさほどアップデートの必要性を感じていませんでした。というのも、変更点は次の3つのみだったからです。

iPhone 2.2.1 ソフトウェア・アップデート(iPod touch 用)

このアップデートには、以下の不具合の修正と改良点が含まれています:
• Safariの全般的な安定性が向上
• メールから保存された画像の一部が”保存された写真”で正しく表示されない問題を修正
• 一部のAppleロスレス(ALAC)オーディオファイルが再生中スキップされる問題を修正

via iPod touch ソフトウェアアップデート ウィザード

しかし、最近になってApp Storeのランキング上位に入ってくるアプリケーションがバージョン 2.2.1を要求するものが増えてきたため、しぶしぶアップデートすることに。

設定 - 情報

いつも通り、iTunesからアップデート、その後JailBreakしようと思ったところ、何度やってもリカバリモードからtouchが復帰してくれないトラブルに遭遇。
数回試した結果、「Windows用JBツールが64bit Vistaに未対応」という結論に。最近ほとんど使わなくなっていたXPマシンをたたき起こして接続したところ、あっさり成功。

iPod touch 2.2.1

今までバッテリーを長持ちさせるため、という理由からJailBreakしてもスキンなどのUIを変更してこなかったのですが、どうせ今年中に3.0がリリースされるのだからそれまでの間だけ、ということで思い切ってスキンを適用してみました。変更した点(カッコ内は使用ツール名)は以下の通り。

  • 左上の"iPod"文字列を"docomo"に (MakeItMine)
  • Wi-Fiのアンテナ強度をケータイ風に (Winterboard)
  • ステータスバーに新着メールアイコンを表示 (StatusNotifier)
  • バッテリー残量をアイコンから数値表示に (SBSettings)
  • Dockのラベルを非表示に (Winterboard)
  • 音楽・ビデオをiPhoneと同じ"iPod"に統合 (MobileMusicPlayer Flip)
  • システムフォント(英字)をNeoTechに (FontSwap)
  • スキンをMatte nanoに (Winterboard)

ここまで数時間かかりましたが、大胆にスキンを変更したのはバージョン 1.1.1以来、実に1年半ぶりになります。この頃はApp Storeなんてものはもちろん無く、全てのアプリケーションはInstallerを通じて出し入れしていましたが、今ではiTunesでアプリが管理できたり、勝手アプリにもStoreが出来たりと、よりアプリケーション・カスタマイズが充実してきた感じです。

なお、当然のことながらJailBreakは自己責任で:-D

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!