iPhone OS 3.0 発表

iPhone OS 3.0

アップルは未明に行われたプレビューイベントで、iPhoneの次期OSバージョンである3.0と、SDKのベータ版を発表しました。
正式提供は今年の夏、iPhone, iPhone 3Gユーザーは無料アップデート、iPod touch, iPod touch 2Gユーザーは2.0の時と同じく、有料アップデートになります。ニュースリリースはアップル、iPhone OS 3.0のベータ版をプレビューから。

iPhone OS 3.0で提供される予定の追加機能は100以上あるとのこと。大まかなものは次の通り。

  • アプリケーション内またはアプリケーション間で行なうことができるカット、コピー、ペースト機能
  • Messagesアプリケーションを使って写真、連絡先、オーディオファイル、位置情報を送受信できるMMS
  • Voice Memoアプリケーションを使って外出先でも音声を録音、送受信できる
  • Mail、Text、メモは横長方向で見ることもできるように
  • すべての主要なアプリケーションを横断して検索できるようになるSpotlight検索機能
  • 最近の企業ニュースや現在の取引情報を表示する機能を加えた「株価アプリケーション」(横長表示対応)
  • CalDAVサポートにより、自分のカレンダーをiCal、Yahoo、Google、Oracleと同期可能に
  • 2.0でサポート予定だったPush Notificationサービスの実装
  • ステレオBluetoothのサポート
  • メモのMacおよびWindows PCへの同期
  • シェイクでシャッフル
  • テレビ番組、ムービーやApp Storeからのアプリケーションのペアレンタルコントロール
  • Wi-Fiホットスポットでの自動ログイン
  • In-App Purchases(アプリケーション内で追加機能を有料購入できる)機能

これに合わせ、Software Development Kit (SDK)にも1,000以上の新しいAPIが実装されており、より柔軟なアプリケーションの開発が可能となっています。
登録ユーザーはApple Developer Connectionより、本日からベータ版のダウンロードが可能です。

特に、Push Notificationサービスやコピー・ペースト機能は待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。
Flash対応の続報や、今年登場すると予想されている新しいiPhoneについての新情報は明らかにならなかった模様。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!