逆転裁判のスピンオフ作品「逆転検事」は5月28日発売

逆転検事 ロゴ

カプコンは人気の逆転裁判シリーズ初のスピンオフ作品となる「逆転検事」の発売日を2009年5月28日に決定しました。公式サイトもリニューアルしています。(ENTERページの先、BGM注意)

逆転裁判シリーズは2001年にゲームボーイアドバンス版「逆転裁判」が発売された後、2007年にはニンテンドーDSで最新作「逆転裁判4」が発売され、約50万本(シリーズトータルでは350万本以上)を売り上げるヒット作になっています。

今回のスピンオフは逆転裁判1~3の主人公「成歩堂龍一」のライバル的存在である「御剣怜侍」を主人公にした作品となっています。作品のイメージキャラクターには「松田翔太」さんが選ばれました。

ゲームシステムはこれまでの逆転裁判シリーズとは異なり、主人公を実際に動かして場所を移動したり、ムジュンを探し出すことができるようになっています。ジャンルも「推理アドベンチャー」になっているため、法廷パートは無くなっているようです。
しかし、公式サイトを見ると「異議あり!」シーンがあることから、法廷の外でも検事と証人(?)の対決シーンは存在している模様。

プロデューサーが巧舟氏から江城氏に変わったほか、ディレクターには「逆転検事」の生みの親とされる山﨑氏(蘇る逆転、逆転裁判4では企画を担当)が抜擢され、指揮を執るようです。
従来の逆転裁判とは異なる切り口のため、思い切ったスタッフ転換だと思います。

今後の開発状況は逆転検事|公式開発ブログで明らかにされていくと思うので、こちらも要チェックですね。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!