HONDAがF1から撤退

2008年シーズン途中で撤退した「スーパーアグリHONDA」に続き、「HONDA」もF1から撤退すると今朝の新聞報道で知りました。
HONDAの公式サイトでもプレスリリースが出ています。

将来への投資も含め、さらに経営資源の効率的な再配分が必要との認識から、F1活動からの撤退を決定いたしました。今後のHonda Racing F1 Team、英国でエンジンの供給を行ってきたHonda Racing Development Ltd.については、チーム売却の可能性も含め従業員と協議にはいります。

via Honda F1レース活動について

F1を見始めたのは数年前、ちょうどHONDAが3度目のF1参戦を果たした頃からでした。HONDAが自動車産業より先にF1にデビューしたことから「HONDAのDNA」とまで言われていたのに、世界を巻き込む景気後退の波がそのDNAを奪っていくことが残念でなりません。

ジャパンパワーと言われたTOYOTA、HONDAの片方が無くなってしまいましたが、来年の日本GPの舞台である「鈴鹿サーキット」での開催は予定通り行うとのこと。
HONDAのマシンがF1から消えても、サーキットは残って欲しいですし、今後も富士スピードウェイとの交互開催を続けて欲しいものです。

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!