ザ☆ネットスター! 11月号「超ねとすた国決議第壱号の巻」

ザ☆ネットスター!ロゴ

© NHK(Japan Broadcasting Corporation)

ザ☆ネットスター! 11月号は秋葉原から公開収録。ADに白石稔が参戦し、ゲストも過去最多の6人でした。
今月号のサブタイトルは「第1回ねとすた大企画会議キラッ☆」。動画投稿サイト(主にニコニコ動画)に頼りすぎてきた番組を見直し、ゲストが何かを発案しようというもの。

まずは@niftyのサイト内にあるデイリーポータル Zの話題。このサイトは数年前に知り、今でもちょくちょくRSS経由で読んでいます。今回は企画会議の場や、「本物の鶴を見ながらリアルな折り鶴を」を密着取材した内容が放映されました。編集長である林雄司さんのインタービューが聞けたのも良かった。

次に話題になったのは呪いの館Google マップ ストリートビューsatoru.netなどなど。開始30分、白石涼子さんに一度も話題が振られなかったのが残念。あと、あずまん(東浩紀さん)の持論に白田さんが相づちを打つシーンが長くてちょっと飽きてしまいました。
そんなわけで、そのまま外部サイトねとすた☆あねっくすで公開されている11月号大反省会動画へ。要約・思ったことをいくつか。

  • あまりに話が長くて、いねむりしているお客さんがいたらしい。放送時間である45分に無理矢理押し込んだものを見た自分でも長いと思ったのだから、2時間半もの収録に耐えていたお客さんはもっと退屈だったろうに。
  • 天の声こと、柚木涼香さんは何度かナレーションをミスっているらしい。
  • 白石稔「イ゙ェアアアア!」を連呼しすぎ
  • 金朋トーク、本編以上に炸裂。
  • 2本取りだったのか。ということは12月号の収録はもう終わってる、と。
  • ヤンマーの天気予報ネタは不覚だった。なんだその強引な替え歌。
  • 2本取りの合間の反省会なので、動画その1~6でメンバーがどんどん入れ替わるのね。
  • そいやオープニングムービーに白石稔出て来なかったな。
  • アーケードゲーム、家庭用ゲーム機、携帯ゲーム機の話から、話題はモンハンへ。
  • 声優業の活動範囲の広さについて。らき☆すたの実写版エンディングの収録思い出話など。
  • 青森県下北半島の話から、インターネット(ザ☆ネットスター!)の存在意義の話へ。深いなぁ。
  • その5からあずまんのターン(1人反省会)。
  • 公開収録の日は、あずまん二日酔いだそう。
  • 番組が採用したコメントシステムの批判。リアルタイム/半リアルタイムの問題点。
  • 1人反省会と大反省会で「プロジェクトX」ネタがかぶるってすごいな。
  • 突然本の宣伝。「アーキテクチャの生態系」あずまんは帯を担当。
  • 「ニコニコ動画」というサービス名は番組で出せないらしい。そりゃそうか。
  • 「FacebookというSNSサービスがあってですねー(笑い)」はあの雰囲気じゃぁ話に出せないよねぇ。
  • あずまんも番組の存在意義に触れる。誰に向けた番組なのか?などなど。
  • ついったーは取り上げて欲しいなぁ。あずまんの求める番組方向性は正しいと思う。いつまでもニコニコ動画に固執してちゃだめだ。
  • 番組を降ろされることも覚悟の上で、批評家としての本来の仕事を全うするあずまん。
  • ゲストに声優を呼ぶことも批判するあずまん。いい感じのシメでしたとさ。

本編を楽しめなかった私にとっては、有意義な大反省会(+1人反省会)になりました。
ちなみに、11月号は11月14日(金)11:00~(BS hi)で再放送予定です。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!