本日(2008/10/10)開始のアニメと、昨日放送されたアニメレビュー

2008年秋期のアニメ改変期もいよいよ終盤。今日開始のアニメは1本。

10月10日(金) 開始

まかでみ・WAっしょい! [2008/10/10 (金) 25:30 テレ玉]
第01話 「なんか女の子出てきちゃったんですけど。」
原作は榊一郎 作「まじしゃんず・あかでみい」というライトノベル。知っている声優さんがちらほらいるので一話見て決める。

本当は今日、BSイレブンでかんなぎが放送予定だったものの、都合で放送中止になってしまったとのこと。
後述するが、TBCのアプコンはひどかったので、BSで放送されないのは誠に残念。というわけで、かんなぎ他2本のアニメ第1話を見た感想などを。

タイタニア 第01話 「ケルベロスの戦い」

タイタニア

© 田中芳樹・タイタニア26パートナーズ

宇宙対戦もの。CGもなかなか精巧にできていたし、ストーリーもおもしろかった。ただ、絵があんまり好きになれないので一話で打ち切る。

CHAOS;HEAD 第01話 「起動」

カオス;ヘッド

© CHAOS;HEAD製作委員会

渋谷の屋上のコンテナに住むネトゲオタクのお話。こんなにドキドキしながら見たアニメは久々かも。とにかく主人公に殺気が迫ってくる描写がうまかった。主人公役の声優さんの表現勝ち、かな。
ただ、流血描写があるアニメはどうも続きを見たい気がしないので、このまま一話で打ち切る。

かんなぎ 第01話 「神籬(ひもろぎ)の娘」

かんなぎ

© 武梨えり/一迅社・アニプレックス

全11局で放送されるかんなぎ。全国で6番目に(関東U局のテレ玉やtvkよりも早く)TBCで放送されたので見てみた。ら、これまたひどいアプコン。全体的にボケボケしている上に、上下左右に黒帯が入りまくっている。映像ソースとしてみるとTBCは最悪かも。今日テレ玉でも放送されるので比較してみれば元々の画質が悪いのか、TBCが悪いのかはっきりするだろう。
ストーリーはおもしろかった。かんなぎというタイトルが神樹と同じ名前「ナギ」に由来する、と気が付いたのはエンディングになってから。戸松遥さんの声はやっぱり好きだなぁ。オープニングテーマ、エンディングテーマともに単独で歌ったのはこれが初めてではないだろうか。おもしろくなりそうなので継続視聴決定。

と、いうわけで「かんなぎ」をH.264に変換しようと思ったけど、テレ玉の放送待ち。最初の雲から落ちてくるシーンは24fps(正確には23.976fps)で描写されているようだが、どうも縞が見つからない、というか汚くて見えないぞ。

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!