iPod touch レビュー(JailBreak後)

iPod touch

iPod touchを使い始めて約2週間後に、iPhone, iPod touch v1.1.1もクラックに成功、独自アプリも起動 – Engadget Japanese こんな記事がアップされました。このときはまだ海の向こう側ではハックが盛んだなぁ程度にしか思っていなかったのですが、Twitterでもハック報告が聞かれるようになり思い切って挑戦してみることにしました。きっかけとアドバイスをいただいた@scudroidさんに感謝です。

ハックのやり方自体は、この記事を書いている現時点でも改良が進んでおり、当時とはずいぶん事情が変わっているようです。なのでJailBreakについては解説しません。気になる人は、一番下に参考にしたサイトを紹介しているのでそちらを参照のこと。

以下、独自アプリをいろいろ入れたiPod touchを改めて再レビューしてみます。以前のレビュー記事はiPod touch レビュー をどうぞ。

【Good/Installer.app】簡単にアプリの出し入れができる
Installer.app 画面
JailBreak後にまず何を入れようかと悩むところですが、はじめからインストーラーがついているおかげで手軽に独自アプリを入れることができます。Community Sourcesをインストールすれば、さらに多くのアプリがこのInstaller.appから導入できるようになります。ここで入れられないのはiPhoneに付属してくるアプリくらいではないでしょうか。
【Good/Mail.app】いつでも1秒メールチェック
Mail.app 画面
是非iPod touchにも付属して欲しかったiPhoneアプリ。メールを読む手順として、PCなら起動してメーラーを立ち上げて(Webメールなんかの場合はブラウザを起動してブクマからログイン画面を呼び出して)・・・と。どうやっても数分を要する作業が、無線LANがつながる環境下にいれば1タップで済みます。IMAPにも対応しているのでPCのメーラーと同期もばっちり。新着メール数はDockにも表示されるし、複数アカウント対応もうれしい。既読メールをゴミ箱に削除するときにMac OS XのDockに格納するようなアニメーションをしてくれるのも、とってもオシャレ。Mail.appを導入するとYoutube.appにもメールアイコンが出現し、他の人と動画を共有することができます。
【Good/iPowerHour】shuffleを楽しむ
MusicQuiz.appも入れてみましたが、こちらはもっと実用性があるアプリ。ライブラリ内の曲をランダムに抜き出し、MusicQuiz風に再生します。決定的に違うのは音楽が1分間流れ続け、1分後に別の曲にジャンプするところ。つまり、メドレーを楽しむことができます。60曲(すなわち1時間)再生すると自動的に停止する点もGood。ライブラリに眠ってる曲を短時間で再発見できる優れたアプリです。
【Good/SummerBoard.app】メニューをとことんカスタマイズ
メニューをカスタマイズするならSummerBoard.appが便利。一番下の段にアイコンを表示しないようにしたり、壁紙を設定することができます。
【Good】その他
メニュー 画面
天気やマップ、お絵かきアプリなんかも入れてみました。暇つぶしには最適ですが、自宅外ではほとんど無線LANにつながる場所がないので実用度はイマイチ。とはいえ、あったらいいなという位置付けです。これらはiPhoneと機能的に差別化を図った結果でしょう。カレンダーにも予定を追加できる「+」アイコンを入れてみましたが、iPod touchから予定を書き込むことはほとんどありません。それから、Mail.appのおかげでアドレスブックの需要が増したのでアイコンをDockにおいています。
【Bad】自己防衛が必要
メニュー 画面
JailBreak後はセキュリティー上非常に危険な状態になるので、SSHを無効にするためにServices.appを入れたり、Terminal.appからpasswdコマンドを実行したりして、セキュリティーホールを塞ぐ必要があります。悪い点と言えばそこら辺の手間がかかるくらい。バッテリーの消費を少しでも抑えるためにメニュー画面の背景は黒のままにしています。

最後に、私がJailBreakした時点で参考にしたサイトを貼っておきます。JailBreakによって、iPodの全く新しい使い方を手に入れることができました。失敗してもやり直しがきくのでチャレンジしてみるのも良いかと。

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!