1984年7月20日

1984年7月20日のドラえもんで「タレント」と呼ばれる回が放送されたという都市伝説がある。

※※冒頭、雨の降る校庭で傘を差しながら「地下世界の商店街へ行きたい」
というのび太にドラえもんは通り抜けフープに似た巨大な秘密道具(名前出ず)を
地面に置いて中へ飛び込む。しばらく落ちて着地すると照明器具らしきものは見当たらないのに
とてもまぶしい加工された部屋にたどり着く。そこにはベレー帽を被りあまり可愛くない女の子が
ドラとのび太に赤い封筒とインクの瓶と鉛筆を手渡し壁の中へ消えていく。
彼女を追った二人も壁に飛び込むと警察官みたいな格好をした中年の男と泣いている
学生服みたいな(白と黄色の縞模様)青年が「君達は撮影か、撮影ならアチラだ」と二人を
木琴みたいに板の並べてある通路を案内した先には大きな地球のミニチュアがパックリ割れて
中から黒い血みたいのが流れていてドラとのび太が抱き合ってびっくりしてオワリ。
※作画は著しく崩れていて面長。手足はゴムの様にフニャフニャ。
※「タレント」というのは最後に出てきた割れた地球の事と思われるが詳しいことは分からない

via ドラえもんですごく怖い話がある

生まれる前の話であり、Youtubeやニコニコ動画を探しても見つからない。

ただ、この話はドラえもん史上もっとも謎で怖い話とされている。てんとう虫コミックスにも載っていない・・・。とにかく映像がぐちゃぐちゃ、音もこもっていて聞き取りずらい。放送事故でそうなったとも言われているけど、ドラえもんとのび太を除く他のキャラクターは全員ドラえもんに出てこないキャラクターであり、放送全話リストにもこの話は載っていないという謎っぷり。

今まで一番怖いと思っていた話は「うつつ枕で天才少年」だったけど、話だけ聞くとよっぽどこっちの方が怖い。何が怖いって、のび太がひみつ道具の使い方に失敗してドラえもんが最後にツッコミを入れて終わるあの「笑いオチ」が存在しない。そして血の描写がある。

こんな話だからDVD化もされないだろうし、新ドラでリメイクもされないだろう。だからこそちょっと見てみたい気もする。

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!