Windows Media Player 再インストールメモ

ひょんなことからブルーバックになって、Windowsが正常に起動しなくなってしまい、ブート選択画面で「前回正常起動時の構成 (正しく動作した最新の設定)」を選択したところ、Windowsは正常起動するものの、Windows Media Player 10がDLLエラーで起動しなくなってしまったときの復旧メモ。ていうか、こんな状況に陥る人はほとんどいないと思うけれど。

まずは、アプリケーションの追加と削除からWindows Media Player 10を削除。ロールバックしますと言われますが、ここで失敗することも。そんな場合も続行。アプリケーションの追加と削除からWMP10が消えたら、Windows Media Player 10を再ダウンロード

DLしたmp10setup.exeの拡張子を「.cab」に変更。中身から、

  • asferror.dll
  • blackbox.dll
  • CEWMDM.dll
  • DRMClien.dll
  • DrmStor.dll
  • drmv2clt.dll
  • LAPRXY.DLL
  • logagent.exe
  • migrate.exe
  • MP43DMOD.DLL
  • MP4SDMOD.DLL
  • MPG4DMOD.DLL
  • mpvis.DLL
  • MsPMSNSv.dll
  • MsPMSP.dll
  • MSSCP.dll
  • MSWMDM.dll
  • qasf.dll
  • WMADMOD.DLL
  • WMADMOE.DLL
  • WMASF.DLL
  • WMDMLOG.dll
  • WMDMPS.dll
  • wmerror.dll
  • wmidx.dll
  • WMNetMgr.dll
  • wmp.dll
  • wmp.ocx
  • wmpasf.dll
  • wmpband.dll
  • wmpcd.dll
  • wmpcore.dll
  • wmpdxm.dll
  • wmplayer.exe
  • wmploc.DLL
  • wmpshell.dll
  • wmpui.dll
  • WMSDMOD.DLL
  • WMSDMOE2.DLL
  • WMSPDMOD.DLL
  • WMSPDMOE.DLL
  • WMVCORE.DLL
  • WMVDMOD.DLL
  • WMVDMOE2.DLL

を取り出す。

セーフモードで起動後、

C:¥WINDOWS¥SYSTEM32¥
C:¥WINDOWS¥SYSTEM32¥dllcache (こちらは隠しフォルダ扱い)

にこれらのファイルを上書きコピー。

コピー後、セットアップファイルの拡張子を「.exe」に戻し、インストールを実行。これで無事DLLエラーは消えました。

ブート選択画面で「前回正常起動時の設定で起動する」を選択すると、一部ファイルが書き換えられてしまうようなので、ハングアップ症状が軽いウチはセーフモードで起動、「システムの復元」を実行した方が、こんなプログラムエラーは出ないで済みそうです。

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!