Wiiは12/2発売。

Wii 本体+リモコン

興味ありありの任天堂の新ハード「Wii」は12/2発売が決定。価格はWiiの価格は25,000円以下にで以前報じたとおり25,000円(税込)。

一番興味がある過去のゲームソフトをダウンロード、プレイできる「バーチャルコンソール」ですが、価格がEngadget Japaneseにて公開されています。

まず、プラットフォームは任天堂のファミコン、スーパーファミコン、NINTENDO 64、およびPCエンジン・メガドライブ、MSX。

価格はファミコン500円前後、SFC 800円前後、64は1000円前後、メガドライブ・PCエンジンは後ほど発表されますが同等の価格帯。

支払い手段はクレジットカードまたはゲーム販売店で購入できるWiiポイントプリペイドカード。

1Wiiポイント=1円で1000ポイント・3000ポイント・5000ポイントのカードを用意。

ラインナップは年内に任天堂タイトル30本、他社から30本の計60本。(任天堂からは?)毎月10本程度が追加。

via Engadget Japanese

同サイトから周辺機器の価格も。

コントローラの単品価格は
Wiiリモコンが3800円、ヌンチャクが1800円、クラシックコントローラが1800円。

via 同上

ソフトはWii 公式サイトへ。
同時発売タイトルにぐぐっとくるのはゼルダですかね。とにかく買い。待ちに待ったN64以来の任天堂新ハード購入になりそうです。

ただ、やっぱり純粋なゲーム機ではなく+アルファが付くようで、Wii チャンネルがその代表格。テレビでOperaブラウザを使ってネット、なーんて機能もあります。
ゲーム機からインターネットに接続するといえば私も使っていた「64DD」の「ランドネット」が思い出されます。わずか1年で終わってしまったサービス。このときはモデム回線だったということもあり、技術が時代に追いつかず終了となったわけですが、高速ネット回線が普及した今、テレビでネットは成功するんでしょうか。

ランドネットについては64DD研究所というサイト内のランドネットとランドネットDDに詳細が掲載されています。
ここに掲載されているランドネット終了に伴う最後のメッセージ

コレデオシマイ サイゴマデ アリガトウ

ミンナノオウエン ホントウレシカッタ

モウツナガラナイノハ サビシイヨ・・・

デモ オオクノナカマト ツナガッタネ

マタドコカデアエルサ キット・・・カナラズ・・・

via 64DD研究所 終わり逝くランドネット

の、マタドコカデとは、まさにWiiチャンネルということでしょうか。

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!