SONYのCCDに不具合

今月3日に発表されたSONY製の撮像素子(CCD)を搭載している一部の製品において、カメラ撮影時に「ファインダーや液晶表示部に画像が出ない、撮影できない、画面が乱れる」という症状が発生する不具合。該当する機種はかなりあるようで、早速見てみた。

デジタルスチルカメラ
● DSC-P2 ● DSC-P31 ● DSC-P32 ● DSC-P7
● DSC-P71 ● DSC-P72 ● DSC-P8 ● DSC-P92
● DSC-P10 ● DSC-U10 ● DSC-U20 ● DSC-U30
● DSC-U60 ● DSC-V1 ● DSC-F717 ● MVC-FD100
● MVC-FD200 ● MVC-CD250 ● MVC-CD400 ● MVC-CD500

ビデオカメラレコーダー
● DCR-IP55 ● DCR-PC101K ● DCR-PC105K ● DCR-PC120
● DCR-TRV18K ● DCR-TRV22K ● DCR-TRV27 ● DCR-TRV27PK
● DCR-TRV33K ● DCR-TRV33PK ● DCR-TRV50 ● DCR-TRV950
● DCR-VX2000 ● DCR-VX2100 ● DCR-HC30 ● DCR-DVD101
● CCD-TRV106K ● CCD-TRV116 ● CCD-MC100

業務用カムコーダー
● DSR-PDX10 ● DSR-PD150 ● DSR-PD170 ● DSR-250

おおお。なんか見覚えある型番が並んでるぞ(太字)。コレみんな不具合あるみたいです。
早速明日報告しに部活に行かなきゃね。えらいこっちゃ。

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!