Outlookで添付ファイルが開けない

Outlookはご存じ、Microsoft Officeの製品の1つ。もう3年も使っているメーラー。
Outlook Expressも数ヶ月使ったモノの、本当に最低限の機能であまり使い物にならない上に、ウィルス進入の格好の的となっていた。
そこで、Outlook2003に変更。ところがこいつもこいつでお節介で、受信した添付ファイルを自動でブロックしてしまう。先日友人から受信した.exeファイルもOutlookが自動ブロック。この設定はレジストリで変更できるので早速やってみた。レジストリの変更は自己責任で。
まず、「ウィンドウズ」キー+「R」キーでファイル名を指定して実行を呼び出し「regedit」と入力。
レジストリエディタが起動したら、

HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Microsoft¥Office¥11.0¥Outlook¥Security

とたどる。Outlook2002の場合は、

HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Microsoft¥Office¥10.0¥Outlook¥Security

ここに新規→文字列で「Level1Remove」を作成。値のデータに「.exe」を入力で完了。

設定完了画面

こんな感じ。
あとはOutlookを起動すれば無事開けるようになる。
面倒くさいけど、セキュリティー面を考えれば納得できるかも。

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!